オナ電で言葉責めを行う時の注意点

オナ電は魅力的な性欲解消の一つであり男女問わず人気がありますが、オナ電をより楽しむためのテクニックとして言葉責めがあります。
非日常的な体験が出来るオナ電で言葉責めを行う時には注意点もあるので、理解しておく必要があります。
言葉責めを行う際は、言葉責め好きな女性なのかどうか見極めることも大事ですが、加えて言葉責めにおける最大の注意点としては、女性の身体のコンプレックスを言う言葉や侮辱するようなことは絶対に言ってはいけないと言う事です。
Sっ気の言葉でも女性を傷つけてしまうよう言葉を言うのは絶対に駄目と言えます。
言葉責めは、快感と不快感が隣り合わせであり諸刃の剣とも言えます。
そこに注意して上手に雰囲気を出しながら言葉責めをすることにより脳内麻薬の効果も手伝って通常の何倍もの快感を与えることが可能と言えます。
日本の男性は恥ずかしがりやであり、エッチを淡白にする傾向にあり、言葉責めのボキャブラリティーが貧しかったりなど一番苦手な性行為のスキルとも言えます。
多くの日本人男性がやろうとしない言葉責めであるからこそ、この言葉責めをすることにより、言葉責めの上手な性行為における貴重な男性となる事が出来ます。
女性を傷つかせない言葉のチョイスも必要ですが、自分自身言葉責めが出来るように経験を積むことも大事と言えます。
言葉責めを練習する際には、アダルトライブチャットなどを利用して練習するのも良い方法と言えます。