オナ電で服を脱がせたければ心を丸裸にしよう

電話を使って生エッチさながらの興奮を楽しむオナ電のサービスは、チャット画面でテキストと画像だけを利用して楽しむタイプも良いですが、やはり女性の吐息を耳元で感じながら楽しむタイプの方が興奮度は高いです。
そういったサイトのアプリを使えば、いわゆるテレビ電話のように通話しながら映像を送ることもできますので、視覚と聴覚に至っては生でやっているのと変わらないような興奮を味わうことができます。
オナ電は相手との信頼関係で成り立っているものですので、洋服を脱がしたいのであれば、その前に心を丸裸にする必要があります。
例えば相手と繋がった瞬間、初対面の男性に脱げなどと命令されれば、男女平等の権利が尊ばれる今の時代感覚では、女性の気分を害してしまう可能性も高いです。
もちろん女性によっては、そのように高圧的な感じで言われることに興奮する女性もいますので、一概に断定することはできませんが、最低でも初めの1分程度は相手の性格や性癖を探る努力をすることをお勧めします。
相手の心を丁寧に一枚ずつ解していけば、最終的には面白いように乱れてくれる女性でも、不信感を与えてしまうことでその卑猥な声や体つきを知ることなく終わってしまうなんて、もったいないです。
自分の要求ばかりではなく、先に相手のことを嘘臭くない言葉で褒めまくり、気分が高揚するように盛り上げてあげることで、こちらの要望に応える聞く耳を持ってくれますので、まずは自分から奉仕する気持ちを忘れないようにすることが、充実したオナ電を楽しむ上で不可欠だと覚えておいて下さい。

最初から過激なリクエストをするのは禁物

オナ電は、確かに楽しい時間を過ごす事ができます。
女性と猥談をして、盛り上がりたいという願望を抱えている男性は本当に多いです。
ですが、注意した方が良い点もあるのです。
最初の段階から、あまり過激な事を言わない方が良いでしょう。
そもそもオナ電では、女の子に対して何かリクエストをする事もあります。
時には恥ずかしい事をリクエストする訳ですが、それにも段階があるのです。
例えば女の子に1人えっちなどをリクエストする事は、大いにある話です。
それ自体は大いに実現可能なのですが、だからと言って一番最初の段階からリクエストするのは禁物です。
現に一部の男性の方々は、それで失敗しています。
女の子からどん引きされてしまう事も、珍しくありません。
なぜ失敗してしまうかというと、もちろん拒絶反応の一種です。
全く面識が無い男性が、いきなり過激なリクエストをしてくれば、本能的に拒絶したくなるものです。
そもそも物事には、必ず段階があります。
一番最初の段階は、どういう服装をしているのかなどと、無難な話題から入り込む方が良いでしょう。
それで徐々に相手との親近関係を構築した上で、リクエストをするように持ちかけるのが大切です。
そもそも会社勤めなどでも、いきなり難しい仕事を依頼される事はないでしょう。
ある程度の信頼関係がなければ、仕事も引き受けづらいものです。
オナ電も、ある意味似た一面があるのです。
女の子の気持ちもよく考えた上で、リクエストするよう心がけたいものです。

テレホンセックスの醍醐味とは

電話の会話の中で卑猥な言葉を使って相手とエッチをする行為をテレホンセックスと言います。
最近ではオナ電と省略しているようですが、テレホンセックスが流行りだしたのが70年代からで一人暮らしの若者が電話回線を持つようになってから雑誌でツーショットダイヤルの広告が掲載されるようになり普及したと言われています。
やがてテレクラが誕生して脚光を浴びるようになり、伝言ダイヤルと共に電話エッチを楽しむ若者が増えていきました。
こうしたテレクラや伝言ダイヤルの醍醐味は人間関係などのコミュニケーションが必要ないので気軽に楽しめることです。
本当のエッチをするためにはある程度人間関係を構築しなければならないですよね。
そういう煩わしさもなくエッチができるのです。
しかし生身の身体でないと盛り上がらないという意見もあるでしょう。
しかしそれはまた別の話であり、本物のエッチとテレホンセックスとは別に考えるべきだと思います。
既婚者だったり恋人がいるけど浮気してみたいという願望を抱く方はたくさんおられます。
しかし浮気をして実際にセックスしてしまうとパートナーに申し訳が立ちません。
そのため素性の知らない相手とテレホンセックスを行うことで電話の中での浮気が行えるのです。
テレホンセックスは言葉攻めだけのプレイになります。
言葉だけで相手をいかに興奮させるかのせめぎ合いのプレイとなります。
相手を言葉攻めで興奮させたいし、自分も言葉攻めで気持ちよくなりたいという駆け引きが興奮を駆り立てて面白いのです。
まだテレホンセックス未経験の方、一度その快楽を味わってみてはいかがですか?病みつきになること間違いありませんよ。